記事一覧

ダウンジャケットやランニングスニーカーを合わせてスポーティに装ったネイビーパンツコーデ

アップロードファイル 13-1.jpg

ダウンジャケットとランニングシューズを合わせることでスポーツテイストを強めた着こなし。ボリューミーなシルエットのアイテムを取り入れる場合、スニーカーなどで軽快な印象をプラスするとコーディネートがバランスよく仕上がる。

カラーリングやアクセサリー使いでマリンテイストを漂わせたネイビーパンツコーデ
ネイビーで揃えたカラーリングや、ウォレットチェーンの錨のディテールがマリンテイストを感じさせるコーディネート。マウンテンパーカーやスニーカーのチョイスがスポーティーな着こなしに。ロールアップしてさりげなくアピールしたカモ柄のソックスが絶妙なアクセントになっている。

白スニーカーで軽快に仕上げたネイビーパンツコーデ
霜降り調のチェスターコートが独特の風合いを漂わせるカジュアルな着こなし。秋冬スタイルはダークトーンのカラーリングなどで重い印象になりがちだが、シューズなどの小物で抜け感のあるホワイトを取り入れるとほどよく軽快な印象に仕上がる。

ミリタリージャケットとワイドパンツで作ったラギッドコーデ
ミリタリージャケットにテーパードのきいたネイビーのワイドパンツを合わせたラギッドなスタイリング。インナーにチョイスしたタートルネックニットや光沢のあるローファーが、無骨な印象を与えるミリタリースタイルを上品に仕上げている。

ナイロン生地のフーデッドコートや、足元のスニーカーがアクティブな印象の着こなし。アウターからパンツ、スニーカーまで、全身をネイビーで統一したトーンオントーンスタイルに、カラフルな色合いのストールがアクセントを加えている。ストールはフードを巻き込むことで、ボリュームのある首回りを演出。

ネイビースラックスにドレスシューズを合わせたコーディネートにポロコートでスポーツテイストをプラス
センタークリースがしっかりと入ったネイビースラックスに、同色のポロコートを合わせたコーディネート。ダークトーンでまとめた装いに、ドット柄のポケットチーフやソックスを取り入れてポップなアクセントに。手入れが行き届いたブラックのレザーシューズがスタイリングを引き締めている。

ボリュームのあるハイネックコートにクロップド丈のネイビーパンツを合わせてVラインコーデを作る
存在感のあるハイネックコートとクロップドパンツを合わせることでVラインシルエットを構築したカジュアルコーデ。白スニーカーをチョイスした足元は、クロップドパンツを合わせてアンクルに抜け感を演出しボリュームのあるトップスとのバランスをうまく調整している。

ボリュームのあるハイネックコートにクロップド丈のネイビーパンツを合わせてVラインコーデを作る

強めのテーパードがきいたネイビークロップドパンツでアクティブな印象に仕上げたコーディネート
テーパードが強くきいたクロップドパンツとスニーカーの組み合わせがスポーティーなカジュアルスタイル。ダークトーンのパンツ、ソックスと合わせた白スニーカーはコントラストがきいて軽快な印象に。アクセントの役割を果たしているメッシュベルトは、ネイビーのパンツと相性の良いブラウンのものをチョイスしている。

ミリタリージャケットを合わせて武骨な雰囲気を表現したネイビーパンツコーデ
ダブルブレストのようなボタンデザインが特徴のミリタリージャケットに、グラデーションを表現するようなネイビーパンツを合わせたコーディネート。赤のラインが目を引くディアドラのハイカットスニーカーが差し色としてアクセントに。

ネイビーのステンカラーコートにネイビーパンツを合わせたトーンオントーンスタイル。パンツはゆとりのあるシルエットのものをチョイスすることで、Iラインを構築している。ローテクながらも厚みのあるソールが存在感を放つスニーカーなら、ボリュームのあるスタイリングにも当たり負けしない。

2プリーツのネイビーパンツにラグランスリーブのダウンジャケットを合わせてアクティブな印象に仕上げたコーディネート
ラグランスリーブが特徴的なダウンジャケットに、プリーツパンツと黒スニーカーを合わせたアクティブなスタイリング。スニーカーはあえて落ち着いた印象のレザースニーカーをチョイスすることで、着こなしのバランスを調整している。スポーティーなアイテムと上品なアイテムをうまくミックスしている点は注目したいポイントだ。

ライトブルーのシャツとネイビーパンツでグラデーションを表現したスタイリング。汎用性の高いステンカラーコートはオンオフ両用で活躍が期待できるアイテムのため、ラフな着こなしにも難なくフィットする。

夏におすすめのメンズルームウェア人気アイテムを手に入れよう

アップロードファイル 5-1.jpgアップロードファイル 5-2.jpgアップロードファイル 5-3.jpgアップロードファイル 5-4.jpgアップロードファイル 5-5.jpg

オフの日を家で過ごすとき、どんなルームウェアを着ていますか? ベッドから出たまんまだったり、着古してネックの緩んだTシャツにとりあえずのスウェットだったり、そんな残念なスタイルで貴重な休日を過ごしていませんか? せっかくの休日、ちょっとおしゃれなルームウェアで過ごすと気分も変わってくるというもの。たまには彼女を「お家デート」に誘って、まったり過ごすのもいいですよ。

とは言っても家の中で着るもの。そんなにお金を掛けたくはないですよね。そこで今回は、リーズナブルで、なおかつ家での時間をおしゃれに過ごすことができる、夏におすすめのメンズルームウェアをご紹介します。
着心地重視で選ぶなら、アンダーウェアブランドのルームウェアがおすすめです。直接肌に触れるデリケートな衣料を作っているので、着ていてストレスを感じないルームウェアばかり。それでありながら、最近は着心地だけではなく、デザイン的にもかなりおしゃれなものが数多く発売されていて、おすすめしたいルームウェアが目白押しです。

まずはボーダー柄のセットアップから。トップスの身頃部分にはシャツによく使われるシャンブレー地のボーダーを、袖やトリミングにはコットン天竺を使われています。胸元が大きく開くヘンリーネックのデザインです。ボタンホールのステッチには赤い糸が使用されているのもポイント。身頃にシャツ地を持ってくるところも斬新で、裾もシャツのようなカーブを描くカッティングが施されています。

ボトムスは程よいレングスのショートパンツ。同じくコットン天竺で、ウエストはゴムとドローコードの仕様です。最近のメンズウェアのトレンドが強く意識されたディテールで、ルームウェアにしておくのがもったいなく感じるアイテムですね。
続いてもメンズに人気のアンダーウェアブランド、ボディーワイルドからのルームウェア。微かに浮かぶボーダー柄のVネックTシャツに、椰子の木がプリントされたショートパンツのセットアップです。トップスのネック周りにボトムスのカラーでトリミングが施されていたり、ボトムスのサイドには別布がはめ込まれていたり、細かなところまでこだわったデザインが魅力。

椰子の木のプリントが夏らしく、リゾートテイスト溢れるショートパンツですが、なかなか町で着るには勇気がいるもの。ルームウェアなら、お部屋の中で思いっきりリゾート気分が味わえますよ。
日本が世界に誇るインナーウェアブランド、ワコール。そんなワコールがメンズのルームウェアを出しているのはご存知でしたか? あまりメジャーではありませんが、そのクオリティーの高さで、着心地にこだわる大人たちから高い支持を集めています。

ここでご紹介するのは、暑い日でも心地よく過ごせる接触冷感素材を使用した、クルーネックTシャツとハーフパンツのセットアップ。トップスは、ボーダーの部分と無地の部分を切り替えたポケットがついていて、裾にイカリマーク刺繍が施され、夏を感じさせるアクセントになっています。

ボトムスは少しゆとりのあるシルエットのショートパンツ。全体的にゆったりとした作りとなっているので、リラックスした休日が過ごせそうですね。
女子の間で絶大な人気を誇るルームウェアブランド、ジェラードピケ。男性にはあまりなじみのないブランドですが、このブランドのルームウェアをさり気なく着ていると女子ウケすること間違いなしです! ふんわりモコモコの秋冬向けアイテムが多いブランドですが、夏用の涼しげなアイテムもリリースされています。

今回ご紹介するのは、コットンに麻をブレンドした繊細な素材で仕立てられたショートパンツです。見た目もウエストベルトにグレーのコットンジャージが使われていたり、バックポケットが付いていたりとおしゃれなディテールが満載。また、両サイドにはポケットも付いているのも嬉しいですね。

麻混のコットンなので、涼しさは申し分なし。普段着ているTシャツやタンクトップと合わせても、このショートパンツとならリラックスしたルームウェアになりますよ。
同じくジェラートピケから、パイル地のショートパンツをご紹介します。パイル地(タオル地)の洋服はなんといっても肌触りのよさが魅力です。しかも、汗をよく吸収するので、肌に直接触れる部分の多いボトムスにはもってこいの素材。でも、なかなかいいデザインのものを見つけるのが難しいというのも事実。そこで、おすすめしたいのがこのショートパンツ。

どうしても大きなシルエットになりがちなパイル地のボトムスを、程よくタイトですっきりとしたシルエットに仕上げられています。深いネイビーに白いドローコードがアクセントのシンプルなデザイン。別売りのジップアップパーカとセットアップにすると、リラックス感の漂うリゾートスタイルも楽しめますよ。
ジェラートピケによる、純白の繊細なコットンに椰子の木やカモメなど、リゾートテイスト満載のプリントが施された半袖開襟シャツです。シャツのルームウェア? と疑問に思った方もいるのではないでしょうか。でもこのシャツ、同じ素材のショートパンツとセットアップにすると、かなりおしゃれなルームウェアになるんです。ちょっとパジャマ風で、スウェット素材のセットアップにはない見ための緩さが魅力。

もちろん、シャツとして普通に着ることもできるので、普段の外出にはジーンズと合わせても大丈夫。でも、彼女が遊びに来る日は上下を揃えて、外では見せない少年のような表情でお家デートを楽しみましょう。
こちらは素材に注目のショートパンツ。高密度のボアニットで仕立てられた肌触り抜群のルームウェアです。丈も短め、程よく抜け感のあるゆったりとしたシルエットで、家でもスタイリッシュに過ごしたい、おしゃれしたい方におすすめのアイテムです。モコモコのルックスも目を引きます。ついつい触ってみたくなりますね。

十分に存在感のあるボトムスなので、トップスはシンプルな無地Tを合わせることをおすすめします。ソフトな素材の少しオーバーなフィット感のものだとさらにリラックス感が上がりますよ。スタイリングによっては、ルームウェアの域を超えて、街着としても着回せます。
京都UCHIFUKUはその名の通り、京都で作られた家で着る服。つまり、日本製のルームウェア専門メーカーです。家でのくつろぎの時間、家族との大切な時間を創造するツールとしてのルームウェアを。そんな思いを込めて、ルームウェアのプロフェッショナルが作ったTシャツから見ていきましょう。

こちらは、とにかく肌触りが心地いいTシャツ。それもそのはず、素材は超極細の糸で織られたコットンジャージで、まるでガーゼを纏っているかのような感覚です。優しいオーガニックな色合いもおすすめのポイント。胸ポケットの切り替えが唯一のアクセントという、シンプルでリラクシングなアイテムです。
上のTシャツとセットアップで使いたいのがこのショートパンツ。コットンと麻をハーフ&ハーフでブレンドした、夏らしい清涼感のある素材。少し和のテイストを感じさせる細かいチェック柄で、どことなく懐かしさが漂うアイテムです。

Tシャツのふんわり感とは打って変わって、こちらはパリッとした印象。両サイドとヒップ左にはポケットが付いているので、カジュアルなショートパンツ感覚で使えます。犬の散歩やコンビニへの買い物などで、こんな涼しげなリラックススタイルで出掛けるのもいいですね。
最近パジャマがファッションピープルの間で人気だってこと、ご存知でしたか? コレクションでパジャマを着たモデルがランウェイを歩いたり、雑誌ポパイでパジャマにコート羽織ったスタイリングが紹介されていたり、デザイナーやメディアもパジャマを猛プッシュ。現実的にパジャマで出掛けられるかどうかは別にして、パジャマというアイテムが今もう一度脚光を浴びていることは事実なんです。

今日は一歩も外に出ない、そう決め込んだ日は一日中パジャマで過ごすっていうのはいかがでしょう? こちらは淡いブルーのダブルガーゼ地に、レッドのパイピングが施された半袖のパジャマです。パンツはアンクル丈のボックスシルエット。裾の折り返し部分にもトップスと同じパイピングが入っています。ちょっとレトロで、どこか少年ぽさを感じさせるデザインです。
女性に人気のブランド、TSUMORICHISATOとワコールによる新しいブランド、tsumori chisato SLEEPの半袖パジャマ。ポップアートのようなストライプが目を引きますね。大胆なカラーリングのストライプですが、袖口やポケット、パンツの裾に用いた切り替えや、パイピングで変化を付けています。

街着では勇気が要るこんなプリントも、ルームウェアなら大丈夫。同じ柄のレディースもあるので、おしゃれなペアルックも楽しめますよ。素材は夏のパジャマの定番、シアサッカー。
同系色の濃淡で幾何学模様が表現された、ジャガード織りのセットアップ。幾何学プリントはここ最近、マルセロ・ブロンなどラグジュアリー・ストリートファッションに取り入れられ、人気のパターン。そんなストリートモードをルームウェアに落とし込んだのがこちらです。コットンにポリエステルをブレンドした吸湿性に優れたマテリアル。肌触りもサラリとした感覚で、ストレスフリーな着心地です。

セットアップだとかなりストリートっぽい印象ですが、単品で着るとグンとソフトなイメージになります。家でも外でも、セットアップでも単品でも楽しめる、おすすめのルームウェアです。
他人の目を気にすることなく、自由に過ごせる場所で着るのがルームウェア。暑い夏を涼しく快適に過ごすのはもちろんですが、普段着ない色やプリントで、ちょっと冒険してみるのもおすすめです。ルームウェアが変わると充実したオフが過ごせますよ。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ